紫外線のダメージは髪への影響も大きい

紫外線とは

紫外線は、日焼けを引き起こすものとして認識されていると思います。
確かにそれで間違いはありませんが、実は紫外線が引き起こすのは日焼けだけではないのです。

 

紫外線には波長の長さにより、UV−A、UV−B、UV−Cという三種類に分けられ、波長はAが一番長く、続いてB、Cとなります。
波長が短い方がエネルギーが大きいのですが、UV−Cはオゾン層から中に入ることはないので、実際に影響があるのはUV−BとUV−Aとなります。

 

UV−BはUV−Aより波長が短く、エネルギーが大きいため、炎症や水ぶくれなどを肌の表面に起こしたりします。
UV−Aはエネルギーは弱いですが、波長が長く、非常に多くの量が地上に降り注ぎ、ガラスもすり抜けて、肌の真皮層まで達して肌に影響を与えます。

 

紫外線は、肌の表面だけでなく、肌の奥のほうまで入り込んで肌にダメージを与えるのです。

「光老化」とは

 

紫外線を浴びることで引き起こされる老化現象を「光老化」といいます。
この「光老化」は紫外線を浴びる状態であれば、年齢に関わらず起こります。

 

肌の場合、光老化として起こる現象としては、シワ、たるみ、乾燥などがあります。
UV−Aが肌の真皮層まで入り込み、肌のハリや潤いを保つ働きのある、コラーゲンやエラスチンを攻撃してしまうことで起こります。

 

髪の場合は、肌よりも多く紫外線にさらされている状態なので、肌よりも光老化の現象が現れやすいといえます。
髪の日焼けやダメージヘアなどは、髪の光老化の症状になります。

 

紫外線が髪に与える影響

髪は紫外線にさらされる時間が長い分、紫外線の影響を受けやすい状態になっています。

 

髪も肌と同じように日焼けをします。
紫外線が髪のメラニン色素を分解してしまうことで、赤茶色になってしまう現象などが日焼けです。

 

さらに、紫外線が髪を構成するタンパク質であるケラチンを攻撃すると、そのタンパク質をつないでいるシステイン結合が分解されてしまい、枝毛や切れ毛などのダメージヘアにつながります。

 

そして、髪がおおっている地肌についても、紫外線による影響があります。
髪の元となる毛母細胞が紫外線によってダメージを受けてしまうと、薄毛や白髪などになってしまいます。
頭頂部や分け目などは地肌に直接紫外線があたりやすいため、この部分から薄毛や白髪が発生することが比較的多くなります。

 

このように、紫外線は肌と同じように髪や地肌にもダメージを与えてしまうのです。