同じ薄毛でも男性と女性では違いがある

男性で薄毛で悩んでいる人は、明らかに髪が生えている範囲が少なくなってしまっている人が多いですが、女性はそういう人はあまりいません。
女性の場合は、全体的にボリュームがなくなっていくような薄毛が多いのです。

 

このように、見た目だけでも一言で「薄毛」といっても男性と女性では違いがあるのがわかります。
それぞれどんな特徴があるのでしょうか。 

男性の薄毛の特徴

男性の薄毛の場合、髪の毛が完全に抜け落ちて、地肌が見えてしまう特徴があります。

 

おでこから抜けていくM字型(U字の場合もある)脱毛症、頭頂部から抜けていくO字型脱毛症、そしてその2つを併せ持つ複合型があります。

 

男性の薄毛には男性ホルモンが大きく関わっています。
男性ホルモンである「テストステロン」がある酵素と結びつくことで、髪を作る細胞である毛母細胞を攻撃する物質を作り出すため、髪が抜け落ちて生えなくなってしまうのです。

 

このような現象は遺伝的要素が大きいとも言われており、親が薄毛の場合、その子も薄毛になりやすいということが多くみられます。

 

 

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛の場合は、髪の毛が完全に抜け落ちることはなく、全体的に薄くなり、ひどくなると地肌が透けて見えるという特徴があります。

 

このような症状は更年期を迎えている女性に多くみられます。

 

更年期を迎え、女性ホルモンである「エストロゲン」が減少することで薄毛の症状がでてきます。

 

エストロゲンは、毛髪が成長していくのを持続させる役割がありますが、減少することで、毛髪が細くなっていったり、1つの毛穴から3本生えていたのが1本に減ったりといった減少が起きます。

 

すると、男性のように完全に抜け落ちるといった形にはならないまでも、
全体的に髪が薄くなっていく現象が起きるのです。

 

このように、男性と女性の薄毛には違いがあります。
男性の薄毛よりも女性の薄毛のほうが改善しやすいと言われてはいますが、
ケアの方法を誤ると逆効果になることもあるので注意が必要です。