更年期に進行してしまう薄毛について

「更年期」とは、主に40代から50代の時期をいい、
この時期は女性の体には大きな変化があります。

 

女性は年齢を重ねていくと体内の「女性ホルモン(エストロゲン)」が減少していきます。
このエストロゲンの減少により、次第に閉経へと近づくのです。

 

エストロゲンの減少から体に様々な不調が現れます。
個人差はありますが、非常に多くの不調が現れ、日常生活もままならない、いわゆる「更年期障害」と呼ばれる状態になってしまう場合もあります。
また、特別不調を感じない人もいれば、ある一定の症状だけが出る人もいて、様々です。

 

更年期の症状には、体の冷えやのぼせ、動悸や息切れ、めまい、頭痛や腹痛、イライラや集中力の欠如、無気力、骨粗しょう症、肌のシワなど、非常に様々なものがあります。
そして、薄毛も更年期の症状のひとつになります。

 

エストロゲンの役割

更年期になり、エストロゲンが減少することにより、薄毛という現象が起きるのであれば、そもそもエストロゲンは髪にとってどのような役割を果たしているのでしょうか。

 

エストロゲンには髪を成長させる役割があります。
髪には、成長期、退行期、休止期があり、エストロゲンはこのうちの成長期に大きな影響を与えます。

 

エストロゲンが減少すると、この成長期が短くなり、休止期が長くなるため、髪が抜けるのが早くなり、毛穴から髪が出ていない時間が長くなるのです。

 

また、エストロゲンは体内のコラーゲンの生成をうながす役割があります。
コラーゲンは、肌のハリなどに影響がある成分ですが、肌だけでなく、髪の太さなどにも関わってくるため、エストロゲンの減少は髪を細くしてしまう原因となるのです。

 

更年期の薄毛の特徴

更年期のエストロゲンの減少による薄毛は、髪が細くなり、髪の成長している期間が短くなったり、ひとつの毛穴から3本生えていた髪が1本しか出てこなくなるなどの現象が起きます。
すると、髪が全体的に薄く、ボリュームがなくなってきます。

 

この時点で悩む人も非常に多いですが、さらに薄毛が進むと、地肌が見えてくるようにもなってしまいます。

 

このような薄毛は「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」と言われる、女性特有の脱毛症です。

 

この脱毛症は年齢によるものなので、避けられない部分もありますが、原因がエストロゲンの急激な減少からくるものなので、エストロゲンを補ってあげることで、その進行をゆるやかにするなどの効果が期待できます。

更年期と女性の薄毛の関係とは関連ページ

紫外線
体の一番上にある頭皮は紫外線にさらされています。それが薄毛の要因になることも。このページで紫外線のリスクについて解説します。
何気ない汗も、薄毛を招く原因になります。汗をかいたらシャンプーなどで頭皮を洗ってきちんと清潔に保ちましょう。
冷え性
冷え性の女性は多いと思います。実は冷え性も薄毛の要因になることが。ここでは薄毛と冷え性の関係と、冷え性の解消法をお教えします。
頭皮のたるみ
頭皮のたるみと薄毛。一見関係なさそうですが、実は頭皮がたるむと薄毛になる可能性があります。なぜなのか、見ていきましょう。
ストレス
「ストレスで円形脱毛症になった」という話を聞いたことがあると思います。実はストレスと薄毛には密接な関係があったのです。詳しく見ていきましょう。
無理なダイエットが髪へ悪影響を及ぼす?
過度な食事制限によるダイエットを続けると、薄毛を引き起こす可能性があります。また、ダイエットの栄養不足による薄毛は回復が困難になることも。
たばこ
最近は禁煙ブームでたばこを吸わない人も増えましたが、それでもたばこをやめられないという人も多いはず。でも、たばこは薄毛を招く大きな要因になるのです。
間違ったヘアケア
育毛のために良かれと思っていたヘアケア方法が実は薄毛を進行させる行為かもしれません。今一度ヘアケア方法を見直してみましょう。
ヘアスタイル
髪型はファッションの一部。髪を束ねてみたりアレンジしたりするのは楽しいですよね。でも、その行為が薄毛を招くことも。
女性のオス化
最近、女性の「オス化」という現象が話題となっています。社会進出している女性にヒゲが生えたりする現象です。その「オス化」は薄毛を招く要因にもなります。
スマホ依存症
今やほとんどの人が持っているスマホ。実はこのスマホが薄毛を進行させてしまうって知っていましたか?スマホ依存症になっている人は要注意です。
睡眠不足
毎日仕事に家事に遊びに忙しい現代女性。時間がないからといって睡眠を削っていませんか?睡眠不足は薄毛の大きな原因になります。
病気
薄毛になる原因には「病気」も考えられます。ホルモンの病気や、薬の副作用など・・・。どのような病気が薄毛を招くのか紹介します。